So-net無料ブログ作成

ショーケン=萩原健一氏人気が、大爆発したザ・テンプターズのシングル第二弾!「神様お願い」 [ザ・テンプターズ]









随分以前より、男性アイドルという分野はジャニーズ独占なわけですが、68年当時も元祖!ジャニーズ(あおい輝彦氏在籍)もおりましたし、もう1グループ、スリーファンキーズも女性に人気はありましたが、やはりGS、グループサウンズの圧倒的な若い女性人気たるや、それはそれは凄まじいものがあったわけで、その1、2位を争っていたのが、ザ・タイガースの沢田研二氏、ジュリーと、こちらテンプターズの萩原健一氏、ショーケンだったわけです。

1965年のエレキブーム、1966年の加山雄三ブームに続いた1967年の空前のザ・タイガース人気に対抗できるバンドという事で、ザ・スパイダースの田辺昭知氏がスカウトした、このザ・テンプターズの登場により、タイガースと共に、一気にエレキバンドは、ティーンエイジャーの女子中高生に人気になる、アイドルGSの時代に突入するわけですが、何が凄いってテンプターズは、ボーカル&リードギターのメンバー、松崎由治氏のオリジナル曲でデビューしてる所で、如何にタイガースに対抗するバンドと言っても、それは結果であり、デビュー時は未だ、海のものとも山のものともわからない二十歳前の若者バンド、宣伝広告費もかかるでしょう、衣装代もかかるでしょう、オリジナル曲でレコーディングさせ勝負した所が、田辺氏のこれも才覚の凄い所で、1968年3月に発売されたテンプターズ2作目のオリジナル曲、この「神様お願い」が見事に!大ヒット。

作者の松崎由治氏、この曲が大ヒットしてる時、やっと二十歳を迎え、ショーケンのこの声のレコーディング時は、未だ17才でございます。

セカンドアルバム「5-1=0 / ザ・テンプターズの世界」は、当時のGSにしては珍しい、カバー曲のない全曲オリジナル集であり、この「神様お願い」は勿論、松崎由治氏の独特なギター奏法、ドラムとベースの、それまでのエレキサウンド、エレキバンド、サーフロック的なそれではないグルーヴ。

テンプターズを、本当に唯のアイドルGSでかたずけて良いものなのか?、若い頃より管理人は悩んでおりましたが、近年は「GS研究家」の第一人者、故黒沢進氏の素晴らしい!研究成果により、どうもそうではなかったようだというのが、定説になりつつあるようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。