So-net無料ブログ作成

ザ・テンプターズ最大のヒット曲!「エメラルドの伝説」。昭和元禄1968年は、正にグループサウンズブームの頂点でした [ザ・テンプターズ]









「忘れ得ぬ君」「神様お願い」と、デビュー1、2作目は二十歳そこらの あんちゃんら にオリジナルで勝負させていたのですが、「神様お願い」のヒットにより、もう一発でかいのが事務所は欲しかったのでしょうか?。1968年6月、GSブーム真っ盛り!に発表された第三弾は、作詞なかにし礼、作曲村井邦彦という、既成作家による曲。

さりとて巨匠!村井邦彦氏(ユーミンの師匠、YMOの仕掛人)も、未だかけ出しで、実績らしい実績はなかった、おそらくこの曲が初ヒットと思いますので、テンプターズのメンバー、松崎氏のオリジナルを採用するにしろ、実績もない若き村井邦彦氏の楽曲を採用するなど、事務所はなかなか勝負師だと思いますね。

未だこの時、村井邦彦氏も23才、作曲家もバンドも皆、若い!。でも、翌年には早くも村井氏はアルファレコード立ち上げてるのですから、昔から「やる人」というのは、若い頃から「やる人」なんだなーと、いい年してしみじみ思う次第。

で、とにかくこの曲は、バカ売れ!。遂にザ・テンプターズをスカウトしたザ・スパイダースの田辺昭知氏の目論み通り!、テンプターズはタイガース人気の対抗馬になり、ショーケン、萩原健一氏は、ジュリーと並ぶGSブームの二大アイドルになったわけです。

エレキバンドに、オーケストラの音。

管理人は下手な洋楽のトータルアルバムとやらを聴くなら、テンプターズの「エメラルドの伝説」を何度も聴いてる方が、ガレージパンク的なエレキバンドと、流麗なアレンジをほどこされたオーケストラの妙技に、感心する事が多いです。これは冗談ではありません。エレキバンドの音もちゃんと聴こえますし、オーケストラも素晴らしい。この手法はプログレと同じなんですよ、実は。

勿論,18才のショーケンの声がせつなく、素晴らしい。この声じゃ、当時のオネーちゃん、やられちゃう(笑)。

おそらくチャンネル数の問題もありますし、オーケストラは後で被せたのでしょうが、編曲は、東京芸術大学作曲科中退。川口真氏ですが、氏の手によるソレなのでしょうか?。村井邦彦氏のアイデアもあったのでしょうか?。是非!聞いてみたいものでございます。

1つの「物語」のような、このオーケストラアレンジ、秀逸だと今も昔も思っております。

勿論、テンプターズの演奏も良いですね!。松崎由治氏のギターは1、2曲目と変わらぬ、相変わらずの鋭さであり、大口広司氏のドラム、高久昇氏のベース、いいです!。「神様お願い」と「エメラルドの伝説」の高久昇氏のベース、素晴らしいと思っております。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。