So-net無料ブログ作成

ショーケン=萩原健一氏のデビューシングル、ザ・テンプターズ の「今日を生きよう」 [ザ・テンプターズ]









1967年、人気に火がつき、もう日本中大騒ぎだった、内田裕也氏がスカウトしてきた、ジュリー!のザ・タイガース。

そのタイガースの対抗バンドとして、恵比寿の中川三郎ディスコティックや渋谷のリキ・スポーツパレスに出演していた、デビュー前からファンも多く、人気のかなり高かったそうなバンド、ザ・スパイダースの弟分バンドとしてザ・スパイダースの田辺昭知氏がスカウトし、デビューさせたザ・テンプターズの、1967年10月のデビューシングル、「忘れ得ぬ君」の、こちらB面。

曲は米国のグラスルーツのカバーで、それ以前からあった洋楽の日本語カバー、和製ポップスの手法を継承してるソレでございます。GSで言えばザ・カーナビーツのゾンビーズのカーバー、日本語訳の「好きさ好きさ好きさ」と同じですね。

A面「忘れ得ぬ君」は作曲者の松崎由治氏のオリジナル曲&ボーカルですので、実質、ショーケン、萩原健一氏の、こちらB面はデビュー曲と言ってもいいのではないでしょうか?。ショーケン、17才の声、歌唱。

ドラム、ベース、ギター、そしてショーケンの肉声、リードボーカルにメンバーのハモのみ!。誰が聴いても!わかる、シンプルな録音音源でございます。美しいですね!。「エメラルドの伝説」以降の、巨匠!村井邦彦氏の世界とも言える、壮大なストリングス、オーケストラ音ゼロ!。これぞ正に!エレキバンドの美学、ガレージパンク的な潔さの音、録音でございます。

ちなみにザ・テンプターズは解散後、一度も!再結成をしてない、人気GSでは珍しいバンドであり、リズムギター&オルガンの、ブルこと田中俊夫氏とドラムの大口広司氏が、2011年現在、既に残念ながら死亡しておりますので、ザ・テンプターズ再結成は、永遠になくなってしまってるわけですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。