So-net無料ブログ作成

1966年最大のヒット曲、若大将ブーム真っ盛りの加山雄三氏が放った「君といつまでも」 [若大将 加山雄三]









共に1966年東宝お正月映画「エレキの若大将」挿入歌。作詞:岩谷時子/作曲:弾 厚作(加山雄三氏のペンネーム)/編曲:森岡賢一郎の「君といつまでも」のB面が、あの!名曲「夜空の星」という、当時の加山雄三氏、加山雄三ブームの凄かった所は、シングルレコード両A面、A面B面、両方とも大ヒットしてたという歴史です。

「エレキの若大将」の次の作品、66年の「アルプスの若大将」でも、引き続き「君といつまでも」は主題歌として使われていたほどのロングヒットになり、当時で、300万枚も越える空前の大ヒットになったこの曲。

「幸せだなあ」「ぼかぁー」が流行語にもなったこの年、レコード大賞確実!と言われておりましたが、加山雄三氏は「歌手じゃなく役者だから」という理由らしいのですが(汗)大賞を逸し、それ以降、そういう「賞」には興味がなくなったと、加山雄三氏は著書に書かれてたと記憶しておりますが、空前のGSブームの翌67〜68年、その渦中にいた人気も高く売れていたザ・タイガースも、レコード大賞は無縁であり、紅白歌合戦すら当時1度も出場できなかったという歴史、日本の当時の時代背景、空気、若い人は是非!覚えておいて下さいませ。

エレキブーム、GSブームとは、そういうものだったんですね。

管理人、子供の頃からオッサンになった今の今まで、「一番好きなバラードは?」と聞かれたら、即答で!「加山雄三、君といつまでも。この曲に勝る曲はない」と言い続けてる、ふぉーく、にゅーみゅーじっくブームの70年代は、意に反し何故か?笑われたりも実はしましたが、ずーっと!大好きな、本当に美しい名曲だと思っております。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。