So-net無料ブログ作成

熱狂的な黄色い声援を受ける若きザ・ローリングストーンズのLIVE=「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」 [ザ・ローリングストーンズ]







当時の多くの若者達は、ザ・タイガースはじめGSのカバーでこの曲、ザ・ローリングストーンズを知ったわけで(当時からジャズファンばりの、コアなロックファンは例外として)、観て聴いての通り、もの凄い!黄色い声援。

ザ・ビートルズや日本のGSと殆ど同じ、ストーンズもまた当時はアイドル的大人気だったのがわかると思います。

「ストーンズはイギリスでアメリカのブルース、R&Bを広める為に結成した」と、キース・リチャーズがインタビューで述べておる通り、ストーンズは当初、商業的な印税収入なんて事は考えず、ただ純粋にアメリカの黒人音楽をカバーし、それを紹介する為にライブをやり、そしてレコードデビューしたので、当初のアルバムはアメリカ黒人のブルース、R&B、R&Rが殆どで、こちらタイム・イズ・オン・マイ・サイドもR&B歌手の、2011年現在も健在!アーマ・トーマスがオリジナルでございます。

GSのカバーでこの曲とストーンズを知り、そしてもっと深く探るとストーンズのオリジナル曲でもなく、ストーンズが心酔する!(当時はそれがイギリスでは、相当!最先端にナウくてハイセンスでカッコイイ事だったようです)アメリカの黒人音楽、R&Bのアーマ・トーマスのオリジナルだったと。GSもストーンズもロックも、深いのでありまする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。