So-net無料ブログ作成

ザ・カーナビーツ 君だけに愛を [ザ・カーナビーツ]







ザ・タイガースの人気、ジュリー、沢田研二氏の人気を決定的にした!1曲と言っても良いのではないでしょうか?。

「モナリザの微笑み」に続くGSブーム最盛期を迎える1968年1月、シングル第三弾発売、ジュリーの指差しポーズで日本中の女のコが卒倒、しびれた「君だけに愛を」の、こちらは指差しポーズ(スティック差しポーズ?)では、アイ高野氏歌う「好きさ好きさ好きさ」のヒットでジュリーより半年早かった(笑)ザ・カーナビーツの、カヴァーヴァージョン。

ザ・タイガースヴァージョンに比べると、ギター含めリズムもザ・カーナビーツらしいガレージパンクっぽいサウンドなのが特徴だと思われます。リードボーカルはドラムのアイ高野氏ではなく、臼井啓吉氏。アイ高野氏の独特の声がコーラスでかぶって、非常に!良い効果をだしてると思います。

ミュージック・ライフ編集長だった、現役ばりばり人気絶頂だったザ・ビートルズに初めて単独取材をした事で有名な「ミュージックライフ」編集長だった星加ルミ子さんによって、ロビンフッドというバンド名からザ・カーナビーツと名を改めたそうで、英国のリージェントストリートと並ぶ有名な、カーナビーストリートから命名されたそう。

で、67~68年のGSブーム最盛期にはとても人気の高かったバンドですが、昨日まで盛り上がっていたGSブームの突然の!急激な!(記録的と言っても良いかもしれないです)終息に、最後迄ヒット曲をだし人気のあったザ・タイガース以外、全バンドがそうであったように、ザ・カーナビーツも逆らえる事は出来ず、他GSより少し早い1969年9月、解散。

ドラマーでシンガーのアイ高野氏は、元々GSブームでGSに括られていただけで、本格的なR&B、ブルースバンドだった、時代をリードするニューロックに突入したザ・ゴールデン・カップスのドラマーに、作曲家の鈴木邦彦氏に熱望され、ソロ歌手になるため脱退するグループの中でも女性人気の抜群に高かったマモル・マヌー氏に代わり、1970年1月加入。

1972年1月ザ・ゴールデンカップス解散。その後、80年代になり何度か再結成されているカップスのドラムも、アイ高野氏が担当してます。

1977年、クリエイションの竹田和夫氏が結成した「竹田和夫オールスターズ」に、チャー氏等のスモーキー・メディスン、金子マリ&バックスバニー・カルメン・マキ&OZでお馴染みのベーシスト、鳴瀬喜博氏、伊丹幸雄氏、あいざき進也氏、キャンディーズのバックバンドも務めていた、この後、スペクトラムを結成、新人バンドだったサザン・オールスターズのアレンジを担当する事になる新田一郎氏、巨匠!成毛滋氏等と共にドラマーとして参加。

その後、1981~84年迄、竹田和夫氏率いるクリエーションに参加。

藤竜也氏、草刈正雄氏、柴田恭平氏等によるTVドラマ「プロハンター」テーマ曲、「ロンリーハート」の大ヒットを出し、クリエーションが松田優作氏のサポートをやっていた時もメンバーでありました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。