So-net無料ブログ作成

ジャンピン・ジャック・フラッシュ/ザ・テンプターズ Jumpin Jack Flash [ザ・テンプターズ]









1969年7月発売、新宿厚生年金ホールでの実況録音盤、これぞ!GSブーム!の耳をつんざく黄色い大嬌声の中、ちょーっとオープニング直後で当時二十歳前後の若きザ・テンプターズ、舞い上がり気味でリズムずれてるかな?って出だしですが、、、

突っ走り気味のザ・ローリングストーンズの不朽の名曲!「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」。

PYGでもしかりですが、一聴して出鱈目とわかるショーケン、萩原健一氏のボーカルの潔さ(?)が、案外、管理人は好きでして、また、ソレをレコーディングして全国発売するレコード会社の商魂も凄いわけですが、何より!当時、ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」をGSが、ザ・テンプターズが60年代末期に演奏していたという歴史が、管理人は嬉しいのでございます。

このライブアルバム「ザ・テンプターズ・オン・ステージ」が発売された頃から、GSブームは信じられない勢いで終焉、終息に向うわけですが、最後まで人気がありヒット曲を出していたザ・タイガースと共に、二大人気GSと言われたザ・テンプターズも御多分にもれず人気は急落。

同年12月には日本人初のメンフィス録音となった「ザ・テンプターズ・イン・メンフィス」が発表されますが(当時としては快挙だと思われます)、1970年になりヒットメーカー、作詞なかにし礼氏、作曲・編曲川口真氏の作品によるシングル「復活」「出来るかい?出来るかい?」も不発。

ラストシングルはデビュー曲、そしてザ・テンプターズ、ショーケン、萩原健一氏の人気を決定的にした!「神様お願い」同様、リーダーでありヴォーカリスト、ギタリスト、松崎由治氏による作品「若者よ愛を忘れるな」(1970.10月発売)で締めたのは、ザ・テンプターズらしいなと感じます。

が、ヒットする事なく、19670年12月末、東京大手町のサンケイホール内小ホールでの公演にて、ザ・テンプターズ解散。

以降、遂に!唯の一度も!再結成しなかった、唯一の人気GSではないか?と思われます。1997年、ギター&キーボードの田中俊夫氏、2009年、ドラマーの大口広司氏の死去により、ザ・テンプターズの再結成は永遠になくなりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。