So-net無料ブログ作成

グループサウンズブーム最中、ザ・スパイダースが「夕陽が泣いている」に続いてバンド外の浜口庫之助氏を起用し、再び大ヒットした「風が泣いている」 [ザ・スパイダース]







コミック版の「あしたのジョー」第一巻で、矢吹丈はザ・スパイダースの「風が泣いている」を歌いながら泪橋にやってきます。

ザ・ビートルズの日本武道館公演の3ヶ月後の9月、それまでブリティッシュ系ビートバンドだったザ・スパイダースご本人達は不本意だったようですが、ある種ふぉーく調の浜口庫之助氏、作詞作曲による「夕陽が泣いている」が大ヒット!ザ・スパイダースは時代の寵児になり、翌1967年5月、ザ・タイガースが、橋本淳作詞、すぎやまこういち作曲の「シーサイドバウンド」で大ブレイク!。

ザ・スパイダース、ブルーコメッツ、ザ・ワイルドワンズの人気GSを脅かす存在にザ・タイガースがなってきた1967年7月、再び!ザ・スパイダースが浜口庫之助氏を起用、大ヒットさせたのがこちら「風が泣いている」。

ザ・スパイダースはこの後、更に1968年のGSブームピーク時迄!「いつまでもどこまでも/バン・バン・バン」、「あの時君は若かった」「真珠の涙」等、ザ・タイガース、ザ・テンプターズのアイドル人気には及びませんでしたが、今も不滅の!GSナンバーをヒットさせ、大御所の面目を保っておりました。

が、圧倒的人気を誇っていたザ・タイガース以外、他GSは1968年をピークに急激に!その人気は下降し、ザ・スパイダースもご多分にもれず、ヒット曲は出なくなってしまったのは寂しい限りでした(堺正章氏、井上順氏は個々に人気は高かったですが)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。