So-net無料ブログ作成

1968年のダイナマイツのアルバム「ヤングサウンドR&Bはこれだ!」収録の、ルーファス・トーマスのカヴァー「ウォーキング・ザ・ドッグ」 [ダイナマイツ]









GSブーム真っ盛りの1968年にヒット曲「トンネル天国」のテイク違い含む、カバー曲で固めたアルバム「ヤングサウンドR&Bはこれだ!」の中の、なかなか時代を考えると強烈な1曲。

まあ、R&Bといっても当時のGSアルバムの定番であった(レコード会社の要請とか?)ビージーズやモンキーズのカヴァーも含まれており、今の若い人が聴いたら(何が?R&Bなん?)と思ってしまうでしょうが、そんな中、こちら正真正銘のR&B、ソウル、ルーファス・トーマス(踊り場ファンには、ファンキーチキンで有名な方)の1963年の作品、ザ・ローリング・ストーンズもカヴァーしていた「ウォーキング・ザ・ドック」(Walking the Dog)は、ザ・ダイナマイツの真骨頂を感じさせてくれますね。

元々ダイナマイツは東京のバンドという事もあって、又、ギターの山口富士男氏は、GSブーム後も伝説の「村八分」を結成したり、昨今まで今の(2013年)50代後半から還暦前後の東京の当時、不良だったであろう方々には伝説的に人気のあるギタリストでしたが、2013年7月14日、東京の福生駅前のタクシー乗り場で、アメリカ人の男が別の男を一方的に殴る現場に遭遇。止めに入ったところ突き飛ばされて後頭部を打ち、それにより急性硬膜下血腫を起こし、都内の病院に入院しますが、8月14日に脳挫傷のため死去。帰らぬ人になってしまいました。64歳没。

ご冥福をお祈りいたします。

なお犯人のアメリカ人男性は、傷害罪で逮捕、起訴されました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。