So-net無料ブログ作成

シングルB面は、あの!「巨人の星」オーロラ三人娘がカヴァーした「クールな恋」。A面の「愛する君に」 - The Golden Cups "1968 [ザ・ゴールデンカップス]







GSブーム真っ盛りの1968年、3枚目のシングル「長い髪の少女」がヒット。それに続いた4枚目のシングル「愛する君に」もヒット!、、、ザ・ゴールデンカップスも又、アイドル的大人気を得るのが、この時期でありました。

ちなみにB面があの!巨人の星、オーロラ三人娘でお馴染み「クールな恋」。

「愛する君に」は作詞:なかにし礼、作曲:鈴木邦彦、編曲:村井邦彦。なかにし礼氏と鈴木邦彦氏は、この頃から70年代初頭、奥村チヨさんはじめ多くの歌謡ヒットも手がけてるコンビで、村井邦彦氏は、ザ・テンプターズの「エメラルドの伝説」の作曲で名を馳せ、ザ・タイガーズの楽曲もてがけ、その後、教科書にも乗ってると言われる、赤い鳥の「翼を下さい」など幾多のヒット曲を手がけた方で、ユーミン、荒井由実さんの師匠。

ザ・ゴールデンカップスに限りませんが、ザ・タイガース以外、GSブームの急激な終焉、衰退のせいもあってか、「長い髪の少女」「愛する君に」のヒットによって人気絶頂期にだされた次のシングルレコードは、メンバーのケネス伊東氏、エディ藩氏による作詞作曲の「過ぎ去りし恋」でしたが、これが前2曲ほどはヒットせず、再び作詞はなかにし礼氏、作曲は村井邦彦氏の作による「本牧ブルース」を次に少しヒットさせますが、世はGSブームの終焉時期に向かっており、ザ・ゴールデンカップスの、アイドル人気はこのへんで終了しております。

が、そこは元々!実力派GSと言われていたゴールデンカップス、ニューロック路線に様変わりし、ニューロックの世界でも「その人あり」のグループになり、1972年まで活動(メンバーチェンジあり)。その後も何度かの再結成を繰り返し、その度、話題になっていたのは、ファンの方ならご承知の筈ですし、ザ・ゴールデンカップスは知らなくてもメンバーのミッキー吉野氏、ルイズルイス加部氏は、ゴダイゴやジョニールイス&チャーでご存知の後世の音楽ファンも、多い筈でございます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。