So-net無料ブログ作成
ジ・アストロノウツ ブログトップ

橋幸夫氏のリズムものの大ヒット曲「チェッチェッチェッ」を、インストカヴァーしたアストロノウツ CHE CHE CHE by THE ASTRONAUTS. [ジ・アストロノウツ]









橋幸夫氏のリズム歌謡の名曲!「チェッテェッチェッ」ですね。B面が同じくリズム歌謡の名曲「恋をするなら」の、スペシャルカップリング、シングルレコードですね。

1964年、アメリカでは史上初めて!英国バンド、ザ・ビートルズが「抱きしめたい」で全米1位を獲得後、怒濤の大ブームになっていたわけですが、東京オリンピック開催の日本では、日本だけで売れに売れた、アストロノウツの「太陽の彼方に」に似た、「チェッ・チェッ・チェッ」を発売。

今聴いてもイントロのエレキは ♪のってけのってけ に聴こえますね(笑)。

で、翌年65年、ザ・ヴェンチャーズ(二度目)と共に来日したアストロノウツが日本でレコーディングしたらしい、橋幸夫氏の「チェッ・チェッ・チェッ」のエレキインストバージョン。

ザ・ヴェンチャーズが加山雄三氏の「ブラックサンドビーチ」や「夜空の星」をカバーする前に、アストロノウツが橋幸夫氏の曲、巨匠!吉田正氏の曲をカバーしていたというのは、なかなか興味深いですね。

ヴェンチャーズと違いアストロノウツは、本国ではヒット曲もなく、それほどテクニカルなバンドではなかったようなので、空前のエレキブームの主役をヴェンチャーズに譲り、その後のGSブームの頃には既に「あの人は今」的なバンドになっておりましたので、アストロノウツの「チェッ・チェッ・チェッ」のエレキインストバージョン、ご存じない方も多いので、アップさせてただきました。

管理人はyoutubeから、拝借してアップしてるだけですが(汗)、しかし、世の中にはマニアックな方が本当に多いものだと、つくずく感心、頭が下がる思いでございます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

何故か?日本でだけ爆発的に売れた、1964年のアストロノウツの「太陽の彼方に」 The Astronauts - Movin' 太陽の彼方に [ジ・アストロノウツ]









♪のってけ のってけ のってけサーフィン

ニューリズム、サーフィン

アメリカでは英国バンド史上初!、ザ・ビートルズが大ブームを巻き起こていた1964年、東京オリンピック開催の日本では、こちらアストロノウツの Movin'  太陽の彼方にが大ヒット!。

何故?アメリカでも殆ど無名だったらしいこのバンドの、この曲が、日本でだけ大ヒットしたのか?未だに管理人、資料不足でよくわからないのですが(汗)、日本人は「お祭りビート」好きの血が流れているので、案外リズムに感じやすい民族性ゆえ(あと短調、マイナーキーは琴線に触れる)、ニューリズム、サーフィンのこの曲のこのリズムが、無条件で「気持ち良かった」のではないでしょうかしらね?。

この後、TV「ウルトラQ」や「ザ・ガードマン」のテーマのサウンドは、正にサーフロック、ジャパニーズオリジナルサーフロックのソレであり、当時のエレキブームの影響が、如何に凄いものだったか?わかりますね。

邦題 太陽の彼方に で日本語歌入りカバー曲も大ヒットした!、ゴールデンハーフも後にカバーしていた、1965年のヴェンチャーズの空前のエレキブーム「エレキの夏」以前に、日本でだけ爆発的に!売れに売れた、こちらの曲は、やはり!日本のエレキブームを語る時、絶対に外せない1曲。

よって、ヴェンチャーズ2度目の来日で空前のエレキブームを巻き起こす年、ヴェンチャーズはアウトロノウツと来日しております。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ジ・アストロノウツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。