So-net無料ブログ作成
ザ・スパイダース ブログトップ

グループサウンズブーム最中、ザ・スパイダースが「夕陽が泣いている」に続いてバンド外の浜口庫之助氏を起用し、再び大ヒットした「風が泣いている」 [ザ・スパイダース]







コミック版の「あしたのジョー」第一巻で、矢吹丈はザ・スパイダースの「風が泣いている」を歌いながら泪橋にやってきます。

ザ・ビートルズの日本武道館公演の3ヶ月後の9月、それまでブリティッシュ系ビートバンドだったザ・スパイダースご本人達は不本意だったようですが、ある種ふぉーく調の浜口庫之助氏、作詞作曲による「夕陽が泣いている」が大ヒット!ザ・スパイダースは時代の寵児になり、翌1967年5月、ザ・タイガースが、橋本淳作詞、すぎやまこういち作曲の「シーサイドバウンド」で大ブレイク!。

ザ・スパイダース、ブルーコメッツ、ザ・ワイルドワンズの人気GSを脅かす存在にザ・タイガースがなってきた1967年7月、再び!ザ・スパイダースが浜口庫之助氏を起用、大ヒットさせたのがこちら「風が泣いている」。

ザ・スパイダースはこの後、更に1968年のGSブームピーク時迄!「いつまでもどこまでも/バン・バン・バン」、「あの時君は若かった」「真珠の涙」等、ザ・タイガース、ザ・テンプターズのアイドル人気には及びませんでしたが、今も不滅の!GSナンバーをヒットさせ、大御所の面目を保っておりました。

が、圧倒的人気を誇っていたザ・タイガース以外、他GSは1968年をピークに急激に!その人気は下降し、ザ・スパイダースもご多分にもれず、ヒット曲は出なくなってしまったのは寂しい限りでした(堺正章氏、井上順氏は個々に人気は高かったですが)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1966年、浜口庫之介氏によるザ・スパイダース初の!歌謡大ヒット曲「夕陽が泣いている」 [ザ・スパイダース]







1966年、ヒットメーカー、巨匠!浜口庫之介氏によるザ・スパイダース初の!歌謡大ヒットになった、オランダ、イギリスでも「Sad sunset」(夕陽が泣いている)として発売されたそうな、あまりリアルタイム、GSに詳しくなかった方、嫌いだった方でも、誰もが聴き覚えのある曲だと思われます。

ファンの間では有名な話しですが、ザ・スパイダースのメンバーはこの大ヒット曲、最初は乗り気ではなかったそうですが、イントロの印象的な井上尭之氏の「歪み系」ギターからはじまり、わりと全編に主旋律、歌の「合いの手」的に入ってるギター、ザ・ビートルズの「イエスタディ」あたりの影響なのでしょうか?、この後、GSお得意の手法になる壮大なストリングスとビートバンドのフュージョン(融合)サウンド。

かまやつひろし氏でしょうか?ファルセットのコーラス、堺正章氏のボーカルは、これもザ・ビートルズの影響?ダブリングでしょうか?、、、なかなか聴き所の多い、こちらも曲でございます。

しかし、若きレコードジャケットの井上順氏、美男子ですね〜。メンズファッション雑誌のモデルみたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザ・スパイダース あの時君は若かった [ザ・スパイダース]







ザ・スパイダースって、存在が楽しくて明るくて夢があって、子供心に大好きでした。

元「ワゴン・マスターズ」、堀威夫氏(後のホリプロ社長)によって1957年に結成された「スウィング・ウエスト」のドラマーであった田邊昭知氏により、GSブームのかなり前、東京オリンピック開催の3年前、1961年に、結成されたザ・スパイダース。

バンドの名付け親は、かまやつひろし氏の父、当時の日本ジャズ界では有名なシンガーであったティーブ・釜萢氏で、「蜘蛛の巣の様に世界を席巻する」という想いを込められた、夢のあるバンド命ですね。

1964年4月、ピーター&ゴードンの来日公演のバックバンドをつとめ、1965年1月と9月ザ・ヴェンチャーズ、6月アニマルズ、8月ザ・サーファリーズ、ザ・ハニカムズ、1966年1月ザ・ビーチ・ボーイズの前座をつとめ、1966年5月、日劇ウエスタンカーニバル初出場。

同年3月にはオランダ・フィリップスから『フリ・フリ'66』、4月にはアメリカ・フィリップスから『ノー・ノー・ボーイ』、10月にはオランダ、11月にはイギリスで『Sad sunset(夕陽が泣いている)』が発売されており、、、

その3年前、1963年の坂本九氏の「SUKIYAKI」(上を向いて歩こう)のように全米、"Billboard Hot 100" で、3週連続1位獲得というわけにはいかなかったものの、この時代、英国のリバプール・サウンドの向こうを張った「トーキョー・サウンド」を標榜し、「世界を視野に入れた活動」をしていたザ・スパイダース、もっと!再評価してもよいバンドだと思われます。

「あの時君は若かった/もう一度もう一度」は、GSブーム最盛期、ザ・テンプターズが「神様お願い」で大ブレイク!、ザ・タイガースも「君だけに愛を」を大ヒットさせていた時期、1968年3月に発表された、作曲かまやつひろし氏のオリジナルヒット曲で、同年上映された日活映画『ザ・スパイダースの大騒動』の主題歌でもあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1968年、グループサウンズブーム最盛期、ザ・スパイダース最後の大ヒット曲になった「 真珠の涙」 [ザ・スパイダース]









エレキブームから加山雄三ブームの後、GSブームに火のついた1967年の大ヒット曲!「いつまでもどこまでも/バン・バン・バン」、1968年3月、GSブーム正に!最盛期の!「あの時君は若かった/もう一度もう一度」の大ヒットに続く、1968年6月発売、ザ・スパイダース結成七周年記念シングル。「真珠の涙/赤いドレスの女の子」。

実質、ザ・スパイダース最後のヒット曲になった曲でございます。

映像は同年、1968年、日活上映の「ザ・スパイダースのバリ島珍道中」のソレで、女性は、この後TVドラマ「おれは男だ」で相沢高校剣道部、丹下竜子役を演じた、小川ひろみさんと杉本エマさん。

イントロの流麗で美しい、大野克夫氏のキーボート、ストリングスに絡むカッペちゃん(加藤充氏)のベース、素晴らしいですね。カッコイイですね!。この曲のベース、カッペちゃんはザ・スパイダースの数ある名曲の中でも、特に!最高の!ベースを弾いてると、管理人は思っております。

歌いだしのマチャアキ、堺正章氏のボーカルのこの厚み、井上順氏とのユニゾンなのでしょうか?。ザ・ビートルズ「恋する二人」のジョン・レノンでお馴染み!、堺正章氏が1人で2回歌い被せた、ダブリングなのでしょうか?。

♪小さな愛が〜 の所から声が1声になる所は、やはりザ・ビートルズ、ジョン・レノンの「恋する二人」の影響なのでしょうか?。当時、担当だったレコーディングエンジニア、職人に、意図を聞いてみたいものでございます。

♪君の想い出は〜 からのバックコーラス、♪チュチュチュチュは、やはりザ・ビートルズの「ガール」の影響なのでしょうか?。

そして最後の無茶苦茶カッコいい! ♪真珠のなみーだ の素晴らしい!コーラス。ムッシュかまやつ氏の裏声、ファルセットはザ・ビートルス、「恋のアドバイス」でのジョン・レノンの影響なのでしょうか?、はたまた、ザ・ビーチボーイズのブライアン・ウイルソンの影響なのでしょうか?。

聞きたい事が管理人、山ほどこの曲は特に!ありまする、、、。

しかし、いつ聴いても良い曲だね〜。素晴らしい!名曲だな〜。作詞はザ・タイガースの初期中期でお馴染み!橋本淳氏、作曲はザ・スパイダースのムッシュかまやつ、かまやつひろし氏でございます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「なんとなくなんとなく」のB面曲、ザ・スパイダースのブルースカヴァー「ブーンブーン」の凄さ! [ザ・スパイダース]









ジョン・リー・フッカーのオリジナルというより、当時はアニマルズのカバーで有名だったのではないか?と思われる、GSブーム初期、加山雄三ブーム吹き荒れた1966年のクリスマスに発売になったシングル。

前作、浜口庫之助氏の手による「夕陽が泣いている」の大ヒットに続いて大ヒットした、メンバーのムッシュかまやつひろし氏のオリジナル作品、「なんとなくなんとなく」のB面に収録されていた「ブーンブーン」。

この時代にばりばりの、今でもブルースファンにはとても人気の高いブルースナンバーを、シングルB面とはいえ録音していたザ・スパイダースは偉かった、カッコ良かったと、つくずく思う次第。

リードボーカルは、ムッシュかまやつひろし氏でございます。

A面の、ほんわか した雰囲気の「なんとなくなんとなく」と同じバンドとは思えない、強烈な!ナンバーと思いませぬか?。これが良くも悪くもGSブームであり、GSが面白くて飽きない深い所だと思って、僭越ながら能書きほざかしていただいております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

1968年、グループサウンズブーム真っ盛りの最中、ザ・スパイダースが発表した、正真正銘のジャパニーズR&R「ロックンロール・ボーイ 」 [ザ・スパイダース]









シングル「黒ゆりの詩」のB面として発表された曲ですが、1968年の空前のGSブームの年に、既に!R&Rリバイバルという感覚。

キャロル登場の4年前に、これをやってたザ・スパイダース、音楽ファンは歴史を見直すべきですよん。

ザ・スパイダースはGSブーム完全終焉の1970年に、アルバム「ロックンロールルネッサンス」という、洋楽のR&R、ロックをカバーしたアルバムを発表。スパイダースはR&Rバンドなんだという意地を、GSブーム崩壊の年、最後に見せつけたと管理人、得意の思い込みで思っております(汗)。

かまやつひろし氏の作詞作曲の本作。イントロから全編に流れる大野克夫氏のキーボード!。無茶苦茶カッコいい!。当時、流行の先端だった、英国のモッズみたいだし、「いのやん どうぞ」堺正章氏の声の後の井上孝之氏のギターソロもカッコいい!。

全体に、ふんだんに50sフィリーング溢れる、コーラス、ハモも素晴らしい!。キャロル、クールス好きの70s好き親爺には、是非!今一度、しっかり聴いていただきたい音源だと思っております。GSは凄いのですよ!。実は!。

田辺昭知氏のドラム、カッペちゃん(このニックネーム、凄くない?汗)、加藤充氏のベースのリズム隊のR&Rグルーヴ、今も昔も気持ちいいと思っております。

♪赤いコブラでハイウエイ行けば
♪白いテレキャスター ファズワウかけて

コブラ、フォード マスタング コブラなんて車種、70年代の映画「激走5000キロ」以前、日本で知ってる人、果たして何人いた事か?(汗)。詞も最高に!時代を考えると、洒落た素晴らしい!ソレの、正に東京R&Rサウンド!。

無条件でカッコイイ!。GS万歳!。スパイダース最高!。

すいません、管理人、リアルタイム半ズボンの少年時代、ザ・スパイダースが一番!好きだったもので(汗)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リアルタイムを知らない人でも認知度抜群のザ・スパイダース「バン・バン・バン」は、 「いつまでもどこまでも」のシングルB面曲だった。 [ザ・スパイダース]









GSブームの頃、多くの日本人は、ロック、R&Rという感覚持ってる人、殆どおりませんでしたから(笑)、ザ・タイガース人気に湧きに湧いた年、67年の10月に、先輩ザ・スパイダースが放った、この超有名な「バン・バン・バン」、実は当時の日本人好み、琴線にふれる美しいバラード&井上順氏の台詞入りの大ヒット曲、「いつまでもどこまでも」(できたばかりのオリコン最高位4位)のB面発表だったんですね。

漫画「あしたのジョー」で、矢吹丈が泪橋に流れてきた時、歌ってるのがスパイダースの「風が泣いている」で、「いつまでもどこまでも/バン・バン・バン」の3ヶ月前のこの曲は大ヒット曲であり、ザ・タイガースの空前の大ブームで盛り上がった1967年。どっこいザ・スパイダースもGSブームのど真ん中で、ヒット曲を連発していたわけです。

そしてこの後!ザ・スパイダースの不朽の名曲!2曲、「あの時君は若かった」「真珠の涙」と68年のGSブーム最盛期に発表するのですから、凄いものでございます。

うーん、しかし、いつ聴いてももの凄いグルーヴの名曲だ!。打楽器の入れ方が尋常じゃない。どうやって録音したのか?、誰が担当してたのか?きいてみたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グループサウンズ以前の、田辺昭知とスパイダースの「ワイプアウト」も凄いなー [ザ・スパイダース]









スパイダースの何が凄いって、ヴェンチャーズでお馴染み(オリジナル曲ではないです)、このサーフロックの有名な曲を演奏していても、いい意味でサーフロックに聴こえない、、、

R&R、いや、ある種パンクにも聴こえなくもない所で、リアルタイムは勿論そんな事、考えもせず、フロントの堺正章氏と井上順氏の、若き天才パフォーマーに、管理人はげらげら笑ってただけの、ただのバカなガキでしたが(汗)、田辺昭知氏のドラムは個性的ですね〜。

特にこの手の初期の作品にそれが顕著!。ギターバトルもとても素敵ですね。

1961年に、昔ながらのバンドボーイからの叩き上げ、スウィング・ウエストのドラマーであった田辺昭知氏によって結成されたザ・スパイダースは、GS大ブーム以前から、ピーター&ゴードン、エレキブームの立役者、ザ・ヴェンチャーズ、アニマルズ、ザ・サーファリーズ、ザ・ビーチ・ボーイズと、蒼々たるバンドの来日公演のオープニグアクトをつとめていたバンドであり、まあ、「GSなめるなよ」という事で(笑)。


ザ・スパイダース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。