So-net無料ブログ作成
寺内タケシとバニーズ ブログトップ

正に当時のエレキバンドの音、1967年の寺内タケシとバニーズ「レッツ・ゴー!シェイク」 [寺内タケシとバニーズ]









1967年春。ザ・タイガースがシングル大二弾「シーサイドバウンド」を大爆発させ、空前のタイガースブームを巻き起こすとっかかりの頃発表された、如何にも!エレキバンドの音!、この後のGSの主流になってくる、オーケストラとエレキバンドの融合、或いは殆どオーケストラ依存の歌謡コーラスグループのソレではない、正当派エレキバンドの音ですね。

ドラム、ベース、エレキギターに肉声だけの音は、ガレージパンクっぽくて、本当に何時聴いても楽しい(オーケストラとエレキバンドの音の融合も好きですが)。

ツイスト、和製リズムのドドンパ、サーフィンに続く、新しいリズム!。

という感じで、ザ・タイガースの「シーサイドバウンド」のバウンド、タイガースが演奏しながら踊ってるアレが、バウンドらしいのですが、あまり一般的には普及せず、こちら「レッツ・ゴー・シェイク」も、シェイクという新しいリズム。ソウル、ファンク、ディスコファンの方には聞き覚えのある言葉、あのシェイクなのですが、こちらもあまり一般的には普及せず、ツイストやサーフィンのような大ブームは起こらず、橋幸夫氏のやられてた「リズム歌謡」同様、次は、このリズムだー!これが時代の先端のリズムだーみたいなムーブメントが、終焉する頃の曲という感じでしょうか。

再結成後、ザ・ワイルドワンズが湘南サウンドという事で、ザ・ビーチボーイズの楽曲を演奏されてますが、リアル60年代はワイルドワンズにビーチボーイズの影は殆どありませんでしたし、日本では米英のようなビーチボーイズ人気は起きておらず、GSにもその影を感じる楽曲は殆どありません(実はザ・ビートルズも)。

ザ・スパイダースの66年発表の、途中でザ・ビートルズの「ガール」♪ちゅちゅちゅちゅ にコーラスがなりますが、「サマーガール」と、こちら「レッツゴーシェイク」のコーラスとフォルセットに、数少ないビーチボーイズの影を感じる事ができます。

冒頭のエンジン音は、サーフィンホットロッドの影響なのでしょうか?。ギターソロでの、うっあっ の声は「太陽野郎」と同じ、これぞ!バニーズの特徴。持ち味。そして寺内タケシ氏のアームを駆使したギターソロ。「レッツゴーシェイク」は面白いですよー!。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

TVドラマ「太陽野郎」(主演、夏木陽介氏)の主題曲だった、寺内タケシとバニーズ「太陽野郎」 [寺内タケシとバニーズ]









寺内タケシ氏の両サイドは、ある世代の方には「コッキーポップ」でお馴染みの元寺内タケシとバニーズのセカンドギタリスト、大石吾朗氏と、「3年目の浮気」の大ヒットでお馴染み、ヒロシ&キーボーのヒロシ、東宝の二枚目俳優で60年代は加山雄三氏、夏木陽介氏等と並び人気絶頂だった、黒沢年雄氏の実弟。寺内タケシとバニーズのヴォーカリスト&ギタリスト、黒沢博氏ですね。

大石吾朗氏、素敵に年齢を重ねられてますね。カッコイイ。

日本のエレキブームの立役者、寺内タケシ氏がブルージーンズの後、結成したGS、バニーズが、GSブームど真ん中の1967~68年に、日本TVで放映されたTVドラマ「太陽野郎」(主演、夏木陽介氏)の主題曲を演奏し歌っていた、これはソレです。アイドルGS的な人気は、バニーズはありませんでしたが、寺内タケシ氏のバンドという事で、男には人気の高いバンドでしたし、夏木陽介氏もとても当時は人気の高い方だったので、TV同様、この曲はヒットいたしました。

作詞は加山雄三作品でファンの方にはお馴染み、岩谷時子氏、作曲は巨匠!いずみたく氏。

で、当時から「タイアップ」。普通に。映画と音楽とTVのタイアップ、お菓子メーカーとCMとのタイアップ。タイアップはなにも70年代や、80年代の所謂「トレンディードラマ」と主題歌からはじまったわけではなく、以前から、脈々と!日本の歌謡芸能の世界では、普通に行われてる、王道なんですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
寺内タケシとバニーズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。