So-net無料ブログ作成
ザ・ブロードサイド・フォー ブログトップ

黒沢明監督の御子息、黒澤久雄氏が学生時代に結成した、アメリカンフォークグループ、ザ・ブロードサイド・フォー「 若者たち」(空にまた陽が昇るとき) [ザ・ブロードサイド・フォー]









黒沢明監督の御子息、黒澤久雄氏が学生時代に結成した、アメリカンフォークグループ、ブロード・サイド・フォーの、GSブームになりかかってきた時期、寺尾聡氏のサベージの「いつまでもいつまでも」のヒットの頃、1966年9月発売の、同名TVドラマ主題曲とタイアップ、大ヒットした、誰もが!多分、知ってるであろう曲だと思いますが、ブロード・サイド・フォーは知らない方が多いので、GSではないですが、「礼儀として」アップさせていただきました。

アストロノウツ、ザ・ヴェンチャーズのエレキブームと同時期、PPM、ブラザースフォー、キングストーントリオのアメリカンモダンフォークも又、当時の洒落た都市型の若者達に人気が高かったわけで、だから!フォーク、エレキ問わず、その流行りはアメリカンですから、「アイビー」ファッションが流行ったわけです。

これが英国のビートルズ、ローリングストーンズに人気が以降するGSブーム真っ盛りの68年頃から、下降に向う69年頃、音楽に限らずファッションもまた、急激にかわっていくわけですね(英国ロッカーも元々は、アメリカンアイビーでしたが)。

まあ、それでもソレは、時代的に都市部の一部の流行で、一般的な若者は当時、角刈りや坊主とか普通で(笑)、70年代も実は似たようなもんで、革靴にGパン、普通の白のYシャツなんて、ごくごくあたり前ファッションだったわけで(笑)、今ではどうってことはないソレでも、それらは音楽、ファッション、思考、どれもリアルタイムは、とても!洒落てたんですね。

それほど、都市部の「坊っちゃん」「どら息子」と、一般ピーポー、貧乏人の格差は当時、感覚、センスから凄まじく、異なってたんですね、

余談ですが、1976年創業、かの有名な!「ケントス」は、元々、黒澤久雄氏と元ビレッジシンガーズの林温氏、ハルヲフォンの近田春夫氏が、R&R、オールディーズセッション、ツイストパーティをやって成功させたのが発端。ぐらいは「礼儀として」、都会派の親爺、熟女は知っておくべきでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ザ・ブロードサイド・フォー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。