So-net無料ブログ作成
サベージ ブログトップ

若き寺尾聰氏が在籍していた、ザ・サベージの大ヒット曲「いつまでもいつまでも」 [サベージ]









寺尾聡氏が元ザ・サベージのメンバーだったんだよと言っても、かなりの中年でも「何それ?」と言われる事が多いのは、何故?なのかな?と思って、資料をひっくり返してたら、、、

この曲は1966年、空前の加山雄三ブームが吹き荒れ、この年はマイク真木氏の「バラが咲いた」も大ヒットしてるので、ザ・サベージはその「ライン」で登場したきたわけですが、GSブームの1967ははもう、解散してたからですね。

よって、65年のエレキブーム、66年の加山雄三ブームは、未だ幼少すぎて興味も感心もなかった方々、とっかかりが67年のザ・タイガース、68年のザ・テンプターズの空前のGSブームだった方々は、まず100%、ザ・サベージの寺尾聡氏を知らないですね。

この曲は積水ハウスのCMで使われているので、なんとなーく聴いた事はあっても。

ザ・サベージは元々エレキバンドで、TV「勝ち抜きエレキ合戦」の優勝バンドなのですが、デビューヒットは、このカレッジフォーク的な、せつない日本人の琴線にふれやすい曲。

エレキブームとカレッジフォーク、モダンフォークブームは、同じ時期に平行しておきていた。共通点はアイビー、VANファッション。という視点で、管理人はこのブログで能書きほざいてますが、ザ・サベージもその代表的なグループではなかったか?。

コーラス含め、元祖日本のフォークロックグループだったのではないか?、このあと、ザ・ワイドルワンズ、加山雄三氏のバックバンドから独立したザ・ランチャーズ等、そのタイプでしたが、ヒット曲を先にだしていたのはザ・サベージですから、元祖はこちらかな?、と、管理人は思ってる次第。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
サベージ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。