So-net無料ブログ作成
青春もの ブログトップ

昭和元禄の、あか抜けた美人女性の代表だったように記憶しております、猛烈ダッシュ  小川ローザさん [青春もの]







小川ローザさんは1946年(昭和21年)生まれ。という事は今年2011年で65才か、、、。未だに!我が身の老いは棚に上げ、1973年、若くして芸能界を引退された小川ローザさんの姿、イメージはこの頃のままで、管理人は脳味噌が止まってる。

後のF1ブームより人気があったのではないか?と思われる、トヨタ7とニッサンR308はじめとするR38シリーズの、トヨタと日産が社名を賭け、盛り上がりまくっていた一騎討ちの日本グランプリ。

当時トヨタのトップレーサー川合稔氏は富士スピードウェイのスピードカップで準優勝を飾り、その時、表彰台でカップを渡したのが、今で言うレースクィーン、NETスピードカップなどでコンパニオンをやっていた小川ローザさん。

二人は半年後に結婚、夫婦でコロナのCMに出るなど幸せな生活が始まるのですが、それからわずか半年後、1970年8月26日、川合稔氏はテスト走行中、鈴鹿サーキットのヘアピンカーブで激突死。

1970年の日本グランプリ中止決定後も米国のCan-Amシリーズ参加を想定に開発テストを続けていたトヨタ7の開発は、これにて中止されたわけで、第一期モーターサイクルブームは、こうして終了。そして小川ローザさんも芸能活動を休止。

一度、復活しますがその後、完全に引退。

私達の前から姿を消したわけですが、しかし、小沢ローザさん、今年で65才か、、、。

ファンというのは勝手なもので、何時までもオー!モーレッツの小川ローザさん、川合稔氏の未亡人という印象だけを引きずっておりますが、川合氏との新婚生活というのは短かったわけで、芸能活動含め、その後の私たちが全く知らない人生の方が、小川ローザさんはもの凄く!長いわけです。

1965年の「エレキの夏」の、四国の少年たちを描いた、1992年の映画「青春デンデケデケデケ」 [青春もの]









1965年の「エレキショック」「エレキの夏」の頃の四国、観音寺市が舞台での若者達を描いた、青春エレキ映画の傑作!。大林宣彦氏監督・編集、1992年作品「青春デンデケデケデケ」。

全編に流れるサウンド、最高でございます。

原作は1990年に第27回文藝賞、1991年には第105回直木三十五賞(直木賞)を受賞、芦原すなお氏の青春小説。エレキギターのもの凄く上手い!リードギター担当、白井清一役を、若き浅野忠信氏が演じてますが、林泰文氏他、バンドを組む若者達が、演技とはいえ目が輝き生き生きしていて、とても心地良い映画です。

実際には他人同士が、それも子供がバンドをやるというのは、美しい話しだけでもございませんが(汗)、ポエムとしてメルヘンとして、この手の古ものも最新ものも青春エレキ映画、管理人は大好きです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

16才のジュディ・オングさん ヤング&フレッシュ+ザ・スパイダースとのR&R「セイママ」 [青春もの]









1966年、東宝の若大将、加山雄三ブーム吹き荒れる中、日活でも制作されていた青春エレキ映画の傑作!。映画「青春アゴーゴー」の名シーン!。

カッコイイんですよ!これ。ジーン・ビンセントの名曲!「セイママ」を、16才のジュディ・オングさんが歌い(これがカッコイイ!上手い!)、若き山内賢氏、和田浩治氏のヤング&フレッシュと、ザ・スパイダース(井上順氏が何故か?この映画にはおりません)が演奏する「夢の競演」。

東映アニメ「サイボーグ009」で003、フランソワーズ・アルヌールの声、声優をやってた頃でしょうか。ジュティ・オングさんは当時から!人気ありました。

パラシュートスカートでゴーゴーを踊る16才のジュディ・オングさん、無茶苦茶カッコいいし素敵ですね〜♪。

途中、ちょっと厳しい(汗)、正に当時、エレキとGSと「青春歌謡」は、紙一重だったという歴史の証明になって良いかなとも思いますが(汗)、主題曲、青島幸夫氏作詞の「青春アゴーゴー」の後、ナイトクラブでザ・スパイダース演奏で、ゴーゴー、モンキー、スイム等を踊る白人ダンサー、必見!でございます。カッコイイ〜♪。

ラストシーン、東京は明治神宮、日本青年館と国立競技場の間の道、左は明治公園。女性は後の、かのタランティーノ監督の大好きな梶芽衣子さん、未だ 太田 雅子 時代の19才の彼女でございます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

勝ち抜きエレキ合戦をパロった映画「エレキの若大将」の大ヒット後、日本テレビ系列「青春とはなんだ」で、またそれをパロった「エレキで助けろ」の回 [青春もの]









日本テレビの黄金の!青春シリーズ、第一弾!。

夏木陽介氏主演、石原慎太郎氏原作の「青春とはなんだ」、1966年7月放映「エレキで助けろ」の、「エレキバンド勝ち抜き合戦」の1シーンですね。

アップしてくれた方、どこのどなたか存知ませんが、本当に!無茶苦茶マニアックな方でございます。感銘!。

実際に視聴者参加番組としてTV放映されていた、「勝ち抜きエレキ合戦」のパロディ。66年の正月映画としてゴジラシリーズと共に上映された「エレキの若大将」のパロディのパロディなのでしょうか?。

日活のザ・スパイダース映画「青春アゴーゴー」も同じ、エレキ合戦の設定映画であり、正に!世は空前のエレキブームを表す貴重な映像&音源でございます。

題名通り「エレキで助けろ」、森山高校ラグビー部の出来損ないの生徒達が、確か?友達だか友達の親だかが病気になって、その費用を稼ぐ為に、TVのエレキ合戦にバンドを結成して出ようじゃないな?という、非常に!美しいお話しだったと記憶しております。

よって映像で観れる通り、ラガールックバンドでございます!。これはこれで本当にいたらウケたかもしれないですね(笑)。「エレキの若大将」は、京南大学アメラグ部(アメリカンフットボール)が中心になってのバンド、目的は賞金稼ぎですから、設定は似てます。

しかしこの女性グループ名「ファイブガールズ」、わかりやすいバンド名ですね(笑)。まあ、手パクなんでしょうが、この演奏、誰がしてたのかな〜?気になるな〜。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
青春もの ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。