So-net無料ブログ作成
ダーツ ブログトップ

「帰って来たヨッパライ」の大ヒットにより、こちらもテープ早回しをやってヒットしたザ・ダーツの「ケメ子の歌」 1968 [ダーツ]









ザ・フォーク・クルセイダースの「帰って来たヨッパライ」の、テープ早回しの大影響!、ここでもやっております。「帰って来たヨッパライ」発売から1ヶ月で共作のザ・ジャイアンツ盤が発売され、それから遅れる事、約1週間で、このザ・ダーツ盤が発売され、ザ・ダーツがオリコン最高位2位、ザ・ジャイアンツが最高位6位の、両方とも大ヒットした、当時のアングラコミックソングです。

編曲は、巨匠!浜口庫之助氏。

「帰って来たヨッパライ」の空前の大ヒットで、関西系で2匹目のどじょうをレコード会社が狙うにしても、僅か1月強でスカウト&レコーディングという早さは異例であり、ザ・ダーツというバンドがそれなりに有名で、それなりに実力もあったのと、そして「ケメ子の歌」というのは、既にレコード契約する以前から存在し、色々なバンドで学生の間では歌われていたそうな、、、。

で、私的には好きな歌です、今も昔も。

♪私の名前はミスケメ子 あなたは鏡をもってるの? 
吐き気をもよおすその顔で あたしを好きになるなんて

もの凄い!詞だとは思いませぬかしら?(笑)。片思いで、ありがちな!ポエムとメルヘンの世界に入って舞い上がってる男の子が、やっと告白して、この言葉は凄い!。

残念ながら所謂「一発屋」で終わってしまったわけですが、第ニ弾は、浜口庫之助氏作の「いつまでもスージー」、第三弾は「小さなスナック」でお馴染み、パープルシャドウズの今井久氏の「黄色いあめ玉」と、ヒットを狙っていた形跡はありありですが、68年と言えばザ・タイガースに続き、ザ・テンプターズが大人気になり、ザ・ゴールデンカップス等も人気になり、ザ・スパイーダスもヒットを出していた、歴史的なGSブームの頂点の年であり、ザ・ダーツの名前は知らないうちに消えてしまった(ザ・ジャイアンツも)という印象、記憶があります。

噺家の柳家小せん師匠が「うちのケメ子が」と言っていましたが、その影響でケメ子という名前を選んだのでしょうか?。実名とは思えないし(笑)。


ダーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。