So-net無料ブログ作成
ザ・カーナビーツ ブログトップ

ザ・カーナビーツ 君だけに愛を [ザ・カーナビーツ]







ザ・タイガースの人気、ジュリー、沢田研二氏の人気を決定的にした!1曲と言っても良いのではないでしょうか?。

「モナリザの微笑み」に続くGSブーム最盛期を迎える1968年1月、シングル第三弾発売、ジュリーの指差しポーズで日本中の女のコが卒倒、しびれた「君だけに愛を」の、こちらは指差しポーズ(スティック差しポーズ?)では、アイ高野氏歌う「好きさ好きさ好きさ」のヒットでジュリーより半年早かった(笑)ザ・カーナビーツの、カヴァーヴァージョン。

ザ・タイガースヴァージョンに比べると、ギター含めリズムもザ・カーナビーツらしいガレージパンクっぽいサウンドなのが特徴だと思われます。リードボーカルはドラムのアイ高野氏ではなく、臼井啓吉氏。アイ高野氏の独特の声がコーラスでかぶって、非常に!良い効果をだしてると思います。

ミュージック・ライフ編集長だった、現役ばりばり人気絶頂だったザ・ビートルズに初めて単独取材をした事で有名な「ミュージックライフ」編集長だった星加ルミ子さんによって、ロビンフッドというバンド名からザ・カーナビーツと名を改めたそうで、英国のリージェントストリートと並ぶ有名な、カーナビーストリートから命名されたそう。

で、67~68年のGSブーム最盛期にはとても人気の高かったバンドですが、昨日まで盛り上がっていたGSブームの突然の!急激な!(記録的と言っても良いかもしれないです)終息に、最後迄ヒット曲をだし人気のあったザ・タイガース以外、全バンドがそうであったように、ザ・カーナビーツも逆らえる事は出来ず、他GSより少し早い1969年9月、解散。

ドラマーでシンガーのアイ高野氏は、元々GSブームでGSに括られていただけで、本格的なR&B、ブルースバンドだった、時代をリードするニューロックに突入したザ・ゴールデン・カップスのドラマーに、作曲家の鈴木邦彦氏に熱望され、ソロ歌手になるため脱退するグループの中でも女性人気の抜群に高かったマモル・マヌー氏に代わり、1970年1月加入。

1972年1月ザ・ゴールデンカップス解散。その後、80年代になり何度か再結成されているカップスのドラムも、アイ高野氏が担当してます。

1977年、クリエイションの竹田和夫氏が結成した「竹田和夫オールスターズ」に、チャー氏等のスモーキー・メディスン、金子マリ&バックスバニー・カルメン・マキ&OZでお馴染みのベーシスト、鳴瀬喜博氏、伊丹幸雄氏、あいざき進也氏、キャンディーズのバックバンドも務めていた、この後、スペクトラムを結成、新人バンドだったサザン・オールスターズのアレンジを担当する事になる新田一郎氏、巨匠!成毛滋氏等と共にドラマーとして参加。

その後、1981~84年迄、竹田和夫氏率いるクリエーションに参加。

藤竜也氏、草刈正雄氏、柴田恭平氏等によるTVドラマ「プロハンター」テーマ曲、「ロンリーハート」の大ヒットを出し、クリエーションが松田優作氏のサポートをやっていた時もメンバーでありました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グループサウンズブームが過熱してきた1967年、「好きさ 好きさ 好きさ」の大ヒットを放った ザ・カーナビーツ [ザ・カーナビーツ]









ザ・タイガースの第ニ弾シングル、「シーサイドバウンド」が大ヒット中の時期の1967年6月、ザ・カーナビーツがデビュー1発目で大ヒットさせた『好きさ好きさ好きさ』。アイ高野氏のこの声、若干16才。当時19才だったタイガース、ジュリーよい更に若い。

1966年、空前の加山雄三ブームを巻き起こし、映画では未だ「若大将」、大学生を演じていた加山雄三氏でしたが、1967年は既に三十路を迎えていた年。エレキブームの日本の立役者、寺内タケシ氏も20代後半、若いと思われていたザ・スパイダースのフロントの天才パフォーマー、堺正章氏、井上順氏でも、1967年は共に21才。大人です。

アイ高野氏の16才、未だ「少年」というのは、群を抜いて若い!。

ザ・カーナビーツは、16才で既にドラマーだったアイ高野氏が、3~5才年上のプレイヤーを集めバンドを組んでるわけで、その逆ならGSにはよくある話しですが、このパターンはザ・カーナビーツだけではないのか?と思っております。

結成後すぐ、レコード会社のオーディションに合格。ゾンビーズの、特に有名でもヒットしたわけでもない「I Love You」をアレンジしてた彼等に(カーナビーツのヒットで有名になった)、和製ポップスの訳詞なら、もうこの方しかいない!漣健児氏にプロデュサーが依頼、詞をつけ出来たのが、この「好きさ好きさ好きさ」。

ザ・カーナビーツというバンド名の名ずけ親は、当時「ミュージック・ライフ」編集長だった、ザ・ビートルズとの海外単独インタビューで、その名を馳せた!、かの高名な星加ルミ子さん。16才の少年、アイ高野氏は、このバンド結成から僅か4ヶ月でここまでトントン拍子。

ドラムを叩きながら歌うスタイル、あのドラムスティックを前に掲げ ♪おまえのーすべーてーを〜 の決めのポーズ。共に、タイガースのジュリーの「君だけに愛を」の指差しポーズよりも時期は早く、ドラムを叩きながら歌いヒットを出したのは、ワイルドワンズやゴールデンカップスよりも時期は早かった、当時は画期的な史上初のソレであり(後追いであれを知る人は、GSのよくあるスタイルと思うと思いますが)、アイ高野氏は、GSではお馴染みになる、オーバーアクションの元祖だったとも、言えなくもないわけです。

とにかくこの楽曲の音源、カッコイイ!。

キーボード、オーケストラのオーバーダビング0。ドラム、ベース、リズムギター、リードギター、打楽器でグルーヴ、ビートを作ってる、あとはボーカル、コーラスだけのソレであり、正にエレキバンドの王道、正統派スタイルで、所謂ガレージパンク的な音が好きの人には、たまらない音源だと思われます。

GSはコーラスが何処もとても上手いのですが、この楽曲のボーカル、ハーモニー音源は面白いです。

イントロ後の ♪好きさ からいきなりハモ。主旋律の ♪おまえが好きだよ からはアイ高野氏の1人ダブリング(二重録音)なのでしょうか?、ユニゾンで声が2つ聴こえ、♪こんなにおまえを からは1声になっており、アレンジャーの方は、ザ・ビートルズの「恋する二人」のジョンの一人ダブリングを参考にしたのでしょうか?、、、

それまで2音、ユニゾンのダブリングだった声が、突然1音になると、そこがとても!効果的に引き立ちますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ザ・カーナビーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。