So-net無料ブログ作成
フォーク ブログトップ

グループサウンズブームが終息に向かいつつあった1969年、フォークグループ 五つの赤い風船 が放った「遠い世界に」 [フォーク]







1967年に結成された 五つの赤い風船 が1969年に放った「遠い世界に」。

空前のGSブームが終焉に向うこの時期、一方で多くの若者達は、和製ふぉーくに流れ、一部のコアなロックファンの若者達はニューロックに流れ、一般的にはこの頃も70年代も80年代も、ずーっと!歌謡曲全盛時代だったわけですが、ある種、時代の分岐点になったのが1969年。

とにかくこちらのアコースティックギターに絡むオートハープの美しい音色のイントロ!、、、楽曲の良さとは別に、これが何時聴いても!本当に美しく素晴らしいと感じます。

1967年12月25日のクリスマス発売、アングラフォークの旗手!フォーククルセイダースの「帰って来たヨッパライ」がGSブーム最盛期の!1968年上半期、空前の!大ヒットを記録、その1968年1月2月に、こちらも大ヒットしたザ・ジャイアンツとザ・ダーツの競作になった「ケメコの歌」、そして3月、アングラフォークの旗手としてこちらも爆発的に売れたのが、中川五郎氏がボブ・ディランの曲に替え歌をのせた「受験生ブルース」に、高石ともや氏が新たに曲を付けて発表したと言われる「受験生ブルース」。

で、1968年はGSブームの最盛期で、1月にザ・タイガースの例のジュリー、沢田研二氏の♪きみだけーにーの指先しポーズ、「君だけに愛を」発売、爆発的に売れ、ザ・タイガース人気は最高潮。そして3月には、ザ・タイガースの対抗馬として登場したザ・テンプターズ、ショーケン、萩原健一氏の人気を決定的にした「神様お願い」が発売され、こちらも大ヒットした時期で、ジュリー、ショーケンがアイドル人気で大ブレイクしてた頃、方やお笑い落語好きだった少年時代の管理人には、誠に嬉しくて楽しくしょうがなかったアングラフォークが、同じ時期に同じように売れていたんですね。

で、高石ともや氏は既に「受験生ブルース」の大ヒット以前より高石事務所を開設しており、岡林信康氏、この 五つの赤い風船、そして中川五郎氏ら、関西フォーク陣の他、東京で活動していた高田渡氏、遠藤賢司氏、そしてジャックスも所属していた、日本の今のインディーズレーベルの高石事務所は魁だったわけで、こちら 五つの赤い風船の放った大ヒット曲!「遠い世界に」は、そんな時代背景の中、生まれたフォークの傑作、名作でございます。

ジュリー、ショーケン大人気のGSブーム最盛期は、この後のオックス登場でそれは狂乱に変わり、一方アングラフォークは、日本で最初のインディーズレーベルと伝わる、通称「URC」、アングラレコードクラブを1969年に設立。一方、フローラルからエイプリルフールになる小坂忠氏率いるバンドが、69年「Apryl Fool」を録音。

エイプリルフール解散後、メンバーの細野晴臣氏と松本隆氏が新たに結成した「はっぴいえんど」は、URCのフォーク系の方々のレコーディング、サポートも行なっていたわけで、又、当時未だ10代だった天才ギター少年、竹田和夫氏のブルース・クリエイションも69年にデビュー。ザ・ゴールデンカップスもアルバム「ブルースメッセージ」を69年3月発表、GSではなくニューロックに時代は変革していくのがこの1969年で、また、あれほど盛況だったGSブームが急激に衰退してくのも、この1969年。

70年安保を翌年に控えた、五つの赤い風船の「遠い世界に」が流行っていた1969年が、1つの時代の分岐点だったと言ってもよいでしょう。ちなみに 2995年、矢野真紀さんが「 遠い世界に」をカヴァー、SMBCフレンド証券企業CFイメージソングで使われたので、若い人でもこの曲、御存知の方多いのは嬉しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グループサウンズブーム絶頂期の1968年、フォークルと共に人気だった、高石友也氏の「受験生ブルース」 [フォーク]









1968年3月、中川五郎氏がボブ・ディランの曲に替え歌をのせた「受験生ブルース」に、高石友也氏が新たに曲を付けたのがこの曲だそうで、前年12月クリスマスに発売されたザ・フォーク・クルセイダースの空前の!大ヒット曲「帰って来たヨッパライ」の大ヒットが一段落した頃、子供だった「ボク等」の耳に飛び込んで来た、フォーククルセイダースに次ぐ!新曲の「アングラソング」が、この「受験生ブルース」と、ダーツの「ケメ子の歌」でした。

同じ時期の1968年春といえば、ザ・タイガースの、あの!ジュリーの指差しポーズの「君だけに愛を」の大ヒットから、両面ヒットした「銀河のロマンス/花の首飾り」、そしてショーケンのザ・テンプターズ「神様お願い」が大ヒットしていた諸に!時期で、もう少し「お兄さん方」は、当然「ちっ!アイドルGSがよ〜」とGSを嫌いだし、フォーククルセイダースや高石友也氏にシンパシーを感じ、これからどんどんそっちに向うわけですが、そこは未だこちらは子供も子供。GSブーム最盛期を迎えるこの時期、ふぉーくの「アングラ」も両方、面白がって楽しんでたんですね(笑)。

結局、元祖!叙情詩フォークの「旅人よ」の加山雄三氏、「バラが咲いた」のマイク真木氏、「若者たち」の黒沢久男氏の「ブロードサイドフォー」、森山良子さん等の、都市部のアイビー系、良家の子女のカレッジフォーク、モダンフォークのフォークの流れが、ここで一気に急激に変わるんですね。

まあ、フォーククルセイダースの加藤和彦氏も龍谷大、北山修氏も京都府立医科大、高石友也氏も立教大と、未だ集団就職が当たり前だった時代を思うと、随分と恵まれた、貧乏とかそういう世界の方々ではなかったのですが、なんとなーく「アングラ」という言葉と雰囲気、イメージが、それを払拭していた、彼等がばりばりのアイビーだったら、また、そういうイメージでみられたのでしょうが違ったのと、あとは音楽ビジネス。

GSは既に自身のプロダクション(後の田辺エージェンシー)を立ち上げていた、ザ・スパイダースのバンマス、田辺昭知氏が商才を発揮しておりましたが、「受験生ブルース」で有名になる前から既に高石友也氏も、高石事務所をたちあげており、こちらには岡林信康氏、西岡たかし氏の「五つの赤い風船」、中川五郎氏、高田渡氏、遠藤賢司氏、「ジャックス」も所属しており、「自分達の手で曲を作り歌い演奏し、自分達でマネジメントもしよう」という、ある種ビートルズ的な発想が、フォークの方々に強く根ずいていたのが、「30才以上の大人は信じるな」を合言葉にしてた、今(2011年)、還暦も越えてる方々(笑)、当時は若者だった方々に支持されるようになって行くわけです。

その流れが、伝説の「中津川フォークジャンボリー」に繋がるわけで、完全なGSブーム終焉後、70年代の歌謡史に残る!空前の和製ふぉーく大ブームの、この方々が先駆けになったわけで、思うにGSの失速失敗と、高石事務所、フォークの方々の手による初の!インディーズレーベル、URC(アンダーグランドレコードクラブ)が、70年代に和製ふぉーくで、ビジネスとして大儲けされた方々の、良い手本、教本になったのではないかな?と思ったりいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
フォーク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。