So-net無料ブログ作成
ジャッキー吉川とブルーコメッツ ブログトップ

ジャッキー吉川とブルーコメッツ/「ブルー・シャトウ」 [ジャッキー吉川とブルーコメッツ]







大人たちに徹底して嫌われていたグループサウンズ、GSの中で、唯一!紅白歌合戦に出場したバンド、GSブーム真っ盛りの1967年、日本レコード大賞を受賞した、ジャッキー吉川とブルーコメッツの、不朽の名曲「ブルーシャトウ」。

というように、当時も大人達や業界関係者達には「実力派GS」と称えられていたブルーコメッツでしたが、既に1967年の時点でリーダーのジャッキー吉川氏もベースの高橋健二氏も三十路手前、キーボードの小田啓義氏もボーカル&フルート、サックスの井上忠夫氏も20代後半の、完全な「大人のバンド」(ギターの三原綱木氏だけは、唯一戦後生まれ)。

良くも悪くもGSブームを支えた、長髪、サイケ、パンキーサウンドを好んでいたティーンエイジャー、小学生には、完全に「おじさんバンド」。

まあ、一言で言えば「ブルーコメッツはGSブームの中心的存在とはいえど、GSではなかった」。これに尽きるわけです。

GSブーム以前の遥か昔、1957年から米軍キャンプ回りのバンドマンを中心に結成されたブルーコメッツは伝統ある老舗バンドで、エディ・コクランやバディ・ホリー等と英国ツアーをまわってます。

そしてその後、英国ロッカーとして一世を風靡する事になる英国の若者達に、多大な影響を与える絶対的な支持を受ける事になるジーン・ヴィンセントの、その直前の!ヴィンセントの1959年6月の日本公演では、地方巡演のツアーバンドもつとめてたほど、ブルーコメッツはGSブーム以前から、実力派バンド(メンバーは異なれど)。

その後、一度解散したブルーコメッツは、ブルーコメッツのファンだった鹿内タカシ氏によって再興。

1960年4月に新メンバーで再スタートし、1963年からはバンドボーイからの叩き上げのジャッキー吉川氏がリーダーになり、有名歌手のバックサポート、レコーディング等をこなしていた、バンドマン、ミュージシャンであり、そこにGSブームがふって湧いて来たわけで、ですから元々ブルーコメッツはグループサウンズではなかったわけです。

ダン池田氏にかわってビッグバンド「ニューブリード」を、小田啓義氏、三原綱木氏が率い(2011年今現在も)、指揮者として紅白歌合戦はじめ大きな歌謡ショー等で仕事をしてるのを、よくおみうけしますが、これだけでも並大抵の音楽家ではないのがわかると思いまする。

ジャッキー吉川とブルーコメッツ/北国の二人 [ジャッキー吉川とブルーコメッツ]







ビッグバンド!ニューブリードを指揮者として率い、特にNHKの重要なソレには必ず活躍しております(例えば紅白歌合戦とか)三原綱木氏在籍の、ジャッキー吉川とブルーコメッツのこれは、わりと近年の再結成映像でしょうか?。亡くなられた井上忠夫氏が、悲しいかなおられませんので。

この曲はその井上忠夫氏作曲の(作詞は初期中期ザ・タイガースでお馴染み!橋本淳氏)、かの!1967年レコード大賞受賞曲「ブルーシャトウ」の次の次のシングル盤、1967.9月発売の、レコ大受賞の頃は、こっちが売れてた「北国の二人」。ジャッキー吉川とブルーコメッツの、こちらも大ヒット曲、管理人、個人的に、いつ聴いても幾つになっても子供時代を思い出し、涙ちょちょぎれそうになる不朽の!名曲でございます。

が、しかし、ジャッキー吉川とブルーコメッツの大ヒット曲はこの曲が最後で、GSブーム最盛期の1968年には、とても影が薄くなってたような記憶が、子供心に管理人はありまする(子供だったからかもしれませんが)。

とはいえ、、、この映像、、、

白髪&アメリカンの毛髪の皆様をみてると、ぐっときてしまいます、、、。しかし、皆さん本当に幾つになられても演奏、上手いですね!。皆さん素晴らしいですが、特に!ジャッキー吉川氏のドラミング、相変わらず素晴らしい!、、、。やっぱりGSはいい。素敵だ〜(オッサンの戯言にて恐縮です)。

美空ひばりさんのミニスカート姿が話題だった!「真赤な太陽」 美空ひばり・ブルーコメッツ 1968 [ジャッキー吉川とブルーコメッツ]









1967年(昭和42年)5月に発売された、歌謡界の女王、美空ひばりさんと、GSブーム以前から歌謡芸能の世界のバックバンド、レコーディング等で活躍していた(尾藤イサオ氏等)、老舗バンド、ジャッキー吉川とブルーコメッツの異色の組み合わせで、空前の大ヒット!になった楽曲。同年レコード大賞を受賞した、3月発売の「ブルーシャトー」に続く、ブルーコメッツにおいて「ブルーシャトー」に次ぐ大ヒットナンバーになった名曲です。

作曲は、元大日本帝國海軍軍楽隊、当時の美空ひばりさんの専属バンドだった、ジャズ界の巨匠!原信夫とシャープスアンドフラッツのバンマス、原信夫氏。この映像でブルーコメッツのゲスト参加という形なのでしょうか?、サックスを吹かれてますね♪。

で!問題は、日本で史上初めて!当時のスィンギングロンドン、ツイッギーが来日、ミニスカートを紹介したするのが、同年67年の10月であり、この「真っ赤な太陽」発売の5月には、日本には未だミニスカートという文化がなかったわけで、シングルジャケットをみても、美空さんのスカートは膝ぎりぎりで、ツイッギー来日以降「膝上10cm」「膝上20cm」と、ミニスカートが大ブームになったソレとは異なるのは、そのせいなんですね。

子供心にこの曲は、美空さんがミニスカートでゴーゴーを踊りながら歌ってる、強烈な!印象が残ってるのですが、この映像でもわかる通り、ツイッギー来日以降のGSブーム最盛期!の68年、実際には膝上5cmぐらいのドレスだったのでしょうかしら?(笑)。

子供の記憶というのは、いい加減なものでございます(汗)。
ジャッキー吉川とブルーコメッツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。