So-net無料ブログ作成
ザ・モップス ブログトップ

まだ無名だった頃の阿久悠氏作詞、村井邦彦氏作曲の、ザ・モップス「朝まで待てない」 [ザ・モップス]









GSブームに火がついた1967年11月、ザ・モップスのデビュー曲。「朝まで待てない」。

作詞は未だ無名時代の阿久悠氏。作曲はザ・テンプターズの「エメラルドの伝説」の大ヒット以前の、こちらも未だ無名だった村井邦彦氏。アルファレコードを創設し、ユーミンをデビューさせたユーミンの師匠ですね。

誰でも最初は無名、かけ出し、このへんの無名時代の阿久悠氏や村井邦彦氏、或いは鈴木邦彦氏、筒美京平氏等を発掘した、当時のGSを抱えていたプロダクション、事務所、レコード会社の「嗅覚」、良くも悪くも「商売人」、音楽のビジネスの世界の人達の耳、嗅覚は凄いなと、今更ながら感心する次第です。

元々ザ・モップスは、1966年、埼玉でボーカル&ギターの星勝氏、ギターの三幸太郎氏、ベースの村上薫氏、ドラムのスズキ幹治氏の四人によりインストゥルメンタルバンド「チェックメイツ」として結成されたそうで、その後、スズキ氏の実兄、鈴木ヒロミツ氏が加わったそう。

で、わりと「星の王子様」「白馬に乗った王子様」的な売られ方をされたGSブーム最中のバンドの中では、異色の!ダーティーでサイケなイメージのあったザ・モップスはGSブーム衰退崩壊、ニューロックが台頭してきた70年前後にも、ザ・ゴールデンカップスと共に、他ニューロック系の新進バンドの中、「実力派GS」として人気を得ておりました。

その後の和製ふぉーくブームのとっかかりの時代にも、星勝氏が井上陽水氏のアルバムでサウンドプロデュースを担当したり、又、井上陽水氏や吉田拓郎氏の楽曲のカバーしていた、GSの中では息の長い、やはり異色のバンドだったといえると思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

GSブーム終息から随分と時間のたった、ザ・モップスのラストシングル「あかずの踏み切り」 [ザ・モップス]









1967年のGSブーム時代、アメリカ旅行でサイケデリック・ムーヴメントを目の当たりにしたホリプロ社長・堀威夫氏の発案で、「日本最初のサイケデリック・サウンド」、ヒッピーを意識した各人ばらばらの奇抜な衣装、LSDパーティーの開催、ライト・ショーなど、サイケのイメージを徹底して演出し登場したザ・モップス。

そしてGSブーム衰退後のニューロックシーンでも、ザ・ゴールデンカップスと共にGSデビュー組として活躍、その後、吉田拓郎氏、井上陽水氏人気の和製ふぉーくブーム時代に突入するまで、解散せず活躍し続けた数少ないバンド。ザ・モップス。

GSブーム終焉からかなり時間のたった1974年解散。この「あかずの踏切り」は1973年12月発売の、ザ・モップスのラストシングル。曲は井上陽水氏のあの!「あかずの踏切り」です。

アンドレ・カンドレという芸名から「井上陽水」名義で再デビューした、陽水氏のアルバム「断絶」は、ザ・モップスのギタリスト、星勝氏がアレンジプロデュースで、ほとんどモップスのメンバーによる演奏。陽水氏の初期の有名な「傘がない」の編曲も、勿論、星勝氏。

和製ふぉーくブームの頃、チューリップや陽水氏が何故?「ふぉーく」と紹介されるんだろ?。これの何処が?フォークソングなんだろ?と青二才ながら疑問を持っておりましたが、「ふぉーく」というのはフォークソングではない、その昔、洋楽は何でも「ジャズ」と言っていたのと同じ現象で、「ふぉーく」というのはフォークソングの事ではなく「ふぉーく」というムーブメントの事を指すんだと、まあ少し年をくってから、自分なりに解釈したわけで、このへんの星勝氏とザ・モップスと井上陽水氏の関係というのは、ファンの間では昔から有名ですね。

発売から2年後、日本レコード史上初のLP販売100万枚突破の金字塔を打ち立てた、井上陽水氏のアルバム「氷の世界」の冒頭1曲目がこの「あかずの踏切り」で、こちらのアルバムもサウンドプロデュースは、ザ・モップスの星勝氏。プロデューサーは後にキティレコードをたちあげる多賀英典氏。

GSブームにサイケグループとしてデビューしたザ・モップスのラストシングルは、井上陽水氏の楽曲、正にこれがあの時代でございます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ザ・モップス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。