So-net無料ブログ作成
リッキー&960ポンド ブログトップ

前野曜子/別れの朝 ペドロ&カプリシャス [リッキー&960ポンド]







GSブーム終焉後の1971年、いきなり週刊オリコンチャートで4週連続1位を獲得し、デビュー直後のペドロ&カプリシャスを一躍大人気バンドにした名曲。「別れの朝」。

前野曜子さんの歌唱&ルックスの素晴らしさを世に知らしめた1曲でございます。

前野曜子さんは、宝塚歌劇団退団後、赤坂の踊り場、ディスコ「MUGEN」でのゴーゴーガールを経、宝塚時代に知り合った亀渕友香さんと、この「MUGEN」で再会したのをきっかけに、リッキー&960ポンドに参加。

GSブーム最盛期から衰退に向う1969年、西丘有里名で「ワッハッハ」をヒットさせ、ペドロ&カプリシャスの「別れの朝」で大ブレイクいたしますが、その後、グループを脱退。

紆余曲折の人生後、1988年7月、40歳の若さでお亡くなりになられておりますが、ペドロ&カプリシャスは前野曜子さん脱退後、二代目女性ボーカルの髙橋真梨子さんの歌唱による「ジョニィへの伝言」「五番街のマリー」の連続ビッグヒットにより、その名を世に知らし続けました。

バンドマスターのペドロ梅村氏は第一回日本レコード大賞受賞曲「黒い花びら」でお馴染み、水原弘氏のバンド、水原弘とブルーソックスオーケストラ、「硝子のジョニー」「赤いグラス」でこちらもお馴染みアイ・ジョージ氏のトリオ・クバーナと、当時の実力派歌手の方々のサポートを、ペドロ&カプリシャス結成以前は勤めていたそう。

で、赤坂の「MUGEN」「BYBLOS」同様、かつて六本木でその店ありと言われていた、踊り場、ディスコの「ソウルイン・アフロレイキ」のオーナー、マリオ山口氏が、アイ・ジョージ氏、ダン池田とニューブリード(2011年現在、三原綱木とニューブリード)、チャーリー石黒と東京パンチョスと関わっていたパーカッション奏者、ミュージシャンでもあったのと、とても経由がペドロ梅村氏も似ており、、、

この60年代、70年代初頭当時の東京の踊り場、ディスコ、GS、エレキバンド、そしてラテン、キューバンジャズを基調にした、当時、歌謡番組やグランドキャバレー演奏等で大人気だったビッグバンドとの関わり、もっともっと検証していかなければいけないと、管理人は未熟者ながら思っております。

ペドロ&カプリシャスは、歴代の女性ボーカル交代含めメンバー交代は頻繁なれど、2011年現在、1971年から40年続いている、一度も解散した事がない長寿グループ、日本の老舗バンド、グループでございます。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダイニチ配給の映画「裸でだっこ」のOPナンバー、リッキー&960ポンド「ワッハッハ」  亀淵友香 [リッキー&960ポンド]









GSブーム最盛期の1968年、「妖怪百物語」と併映された「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」では、ボーイスカウトの爽やか指導員を演じてた渥美マリさんが、この後、経営悪化で倒産寸前になる「大映」を、10代の関根恵子さんと共に「お色気」で延命させていた(1971年倒産)、1970年の主演映画「裸でだっこ」。

その「裸でだっこ」のOPナンバー、リッキーと960ポンドの「ワッハッハ」。

赤坂のディスコ「MUGEN」でゴーゴーガールを務めてた前野曜子さんが、知人、亀渕友香さんと「MUGEN」で再会、キングトーンズ同様、日本の元祖R&Bグループと言える、リッキー&960ポンドに参加。

前野曜子さんは、こちら「ワッハッハ」を、GSブーム末期の1969年にヒットさせ(西丘有里名義)、1971年にはぺドロ&カプリシャスで、「別れの朝」の大ヒットを彼女は放ったわけですが、一方、亀淵友香さんは知る人ぞ知る!大御所。ボイストレーナーとして、名前を聞けば誰もが御存知の有名歌手の先生をやられてる、R&B、ジャズ、ブルース、ゴスペルシンガー。

下火になってきたとはいえ、未だGSブームの残り香のあった時代、子供心にこのリッキー&960ポンド、「随分と変わったグループサウンズだな」と思ってました(笑)。

が、この「ワッハッハ」は、このように映画の主題歌にも使われていたのでわかる通り、それなりにヒットしたので記憶はあるのですが、亀淵友香さんの印象がとても!強いので、後の前野曜子さんが在籍していた記憶が、全くないのが残念です。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
リッキー&960ポンド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。