So-net無料ブログ作成
ヴィレッジ・シンガーズ ブログトップ

短髪でスーツ着用、アイビースタイルだったので、大人の敵の少なかったザ・ヴィレッジ・シンガーズ の「亜麻色の髪の乙女」 [ヴィレッジ・シンガーズ]







島谷ひとみさんのカバーで、わりと若い人でも馴染みのあると思う、ザ・ヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」。

作詞、橋本淳氏、作曲、すぎやまこういち氏の、一連のザ・タイガースのヒット曲を手がけた名コンビの作品。

ザ・ヴィレッジ・シンガーズは、みてわかる通り、GSの中では お坊ちゃんスタイル、「若大将」加山雄三氏同様、アイビーを基調にしたファッション、スタイル。

だから、ザ・ヴィレッジ・シンガーズも「大人の敵」が少ないバンドだったと記憶しております。

ザ・ヴィレッジ・シンガーズは、その名の通り、フォークの聖地、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジに憧れて名付けられた、元々はフォークグループで、後にドラムの林ゆたか氏等が加わり、当時流行りのカレッジフォークとは異なる、エレキバンドスタイルになったグループで、カントリー歌手の寺本圭一氏のプロデュースで、GSブームの最初の年、世は加山雄三ブームが吹き荒れていた1966年にレコードデビュー。

メンバーチェンジの元、「亜麻色の髪の乙女」は1968年2月発売。この曲は1967年の「バラ色の雲」(天才!筒美京平氏初のヒット作品)の大ヒットになり、ザ・ヴィレッジ・シンガーズはGSブーム、ど真ん中の時代、一躍人気バンドになったわけでございます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ヴィレッジ・シンガーズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。